堂島天主堂(五島列島 福江島 五島市)

2017.04.10 Monday

0

    堂島天主堂


     

     

     

     

     

    堂島天主堂は素敵なレンガの建物です
    この教会も海のすぐ近くにあります




     
    りんご岩



     
    潮が引いて水がないけれど海です
    可愛いりんご岩がお出迎え





     

     

    アルメイダの宣教



     

    この奥浦の浜は16世紀に五島で初めて
    ポルトガル人宣教師アルメイダが
    キリスト教の宣教をはじめたところだそうで
    それを記念する碑です

     
    五島で多くの人が受洗し
    教会もできたようです

     
    その後秀吉の伴天連追放令や徳川幕府の禁教令で
    明治6年に禁教が解かれるまで
    この地は激しいキリシタン弾圧の地となります

     
    禁教中もフランス人の神父が数人
    長崎や五島に訪れ密かに宣教活動をおこなってきました





     
    聖ヨハネ五島「受難のとき」



     
    秀吉によって捕らえられ処刑された
    有名な二十六聖人の殉教者の中のひとり
    (のちにカトリック教会によって聖人に列せられる)
    ヨハネ五島(五島出身のヨハネ)と言われる人物(日本人)の磔の像があります
     
    ヨハネ五島は当時19歳だったそうで
    大阪で捕らえられたそうです




     
    石の祠と石の像



     
    ヨハネ五島像の足元に小さい石の祠が緑に埋まるようにあって
    これは潜伏キリシタンが
    石をマリアやキリストに見立てて
    拝んでいたのだそうです





     

    アルマン、ペルー像「復活の夜明け」


     

    後ろに白くなっているのが海です

    ここは深い入り江の一番奥で海の向こうも同じ福江島です

    ・・
     
    明治6年に禁教が解けてすぐに
    フランス人フレノー神父はまだ教会堂もないこの浜で
    多くの信者とともに五島列島初めての降誕祭(クリスマスミサ)を行ったそうです

    ・・
     
    その後マルマン神父(仏)が堂島を訪れ日本二十六聖人ヨハネ五島を記念した仮聖堂をたて
    同時に子どもたちの養育(子部屋=のちの奥浦慈恵院)
    女部屋(のちの奥浦修道院)を創設しました
     
    当時貧しい島民たちの中では子供の間引きも行われていたそうで
    マルマン神父は心をいためこのような慈善事業をはじめたそうです

    ・・
     
    またペルー神父(仏)はマルマン神父の後を引き継ぎますが
    ペルー神父は棟梁「鉄川与助」にフランス式の建築技術を伝授します
    それによって鉄川氏は五島列島だけで21もの教会堂や関連施設を作っていくことになります
     
    この建物もペルー神父のもと
    鉄川氏によって建築されました
     
    しかし鉄川氏自身は生涯仏教徒だったそうです
    五島列島でもクリスチャンが多いわけではなく
    やはり仏教徒が圧倒的に多いのだそうです


     
    ここもですが
    他の五島の教会も海に面しているものが多く
    そのような教会では
    信者は「ホラ貝」の音を合図に
    舟に乗ってミサに集っていたそうです




     

     

    教会前庭


     

    奥にマリア像
    アルメイダの宣教
    聖ヨハネ五島
    手前に石の祠(見えない)
    もっと手前に「復活の夜明け」(見えない)


     
    この教会は今はキリシタン資料館となっています
    踏み絵やマリア観音やその他当時の貴重な資料いろいろ…
    涙を禁じ得ませんでした

     
    聖ヨハネ五島の遺骨もあったらしいです

    (よくわからなかった…汗)




     

     

     

     

    教会のすぐ隣にあるカフェ


     

    堂島天主堂のあまりにシリアスなつらい内容のすぐ隣に
    こんなファンキーな懐かしい感じのカフェがあり
    この塀のちょっと先に生垣が切れたところに見える窓から
    これまたファンキーな笑顔のおばあちゃんが見えて
    すごく入りたかったけれど
    あまりに展示に長く時間をかけて
    みんなにおいていかれそうだったので諦め…


     
    ここはとても世俗的な
    でもパライソかもしれない…


     
    主の平和
    感謝






     
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL