オーストラリアに行ってきました2 (サンセット・ウルル・キャメル・ツアー)

2014.10.22 Wednesday

0
    さて今日もしごとだー





    エアーズロックについたその日の夕方
    日の入りの時間に合わせて
    ラクダツアーに参加しました






    脚が長いよ





    かなり高いので最初怖かったです
    でも歩くのはゆったり
    コツがわかったら写真も撮れるようになりました


    ラクダさんたちはけっこう性格がそれぞれで
    私の乗ったダイジィは蝿が大嫌いのよう

    この辺は日本のとそっくりだけれどもっと小さい蝿が多くて
    すこしでも濡れたところを目がけてくるものだから
    顔周りに蝿が寄ってきて仕方がないのです


    ダイジィは前のラクダのお尻に自分の顔をこすりつけるようにして
    顔の蝿を追い払う作戦らしくその度に体が右左!
    ねじるように揺らすものだから
    「頼むからやめてよダイジィ!」とずっと叫んでおりました





    日没前のウルル(エアーズロック)




    はい 初めて登場です
    これがエアーズロック
    原住民の言葉でウルル

    ステキでしょう?
    これからも沢山でてきます エアーズロック



    この麓にエアーズロックリゾートとエアーズロック空港があります







    のんびり夕陽を浴びながらラクダの背に揺られて





    ブロンズ色なゴールデンアワー







    この子はダイジィの後ろにいた子




    目がかわいらしくてとても大人しいラクダさん








    シルエット・オブ・カタジュタ





    ウルルと合わせて人気なのがカタジュタ
    こちらもひとつの岩石ですが
    たくさんの岩に別れて見えます

    ちょうどカタジュタに日が落ちました

    シルエットと空がきれい



    多分土ぼこりなのかすこし色が鈍い空
    これもここの色








    ウルル マジックアワー





    振り返るとそこに小豆色ウルルが








    夜の帷と赤い土





    ほぼ360度見渡せる空は方角によって色を変え
    しかしどこを見ても美しかったです

    足下に目を落とすと
    より赤みがました土と
    灰緑の草が
    沈黙して眠りにつこうとしていました





    そしてすべてが色をなくして漆黒に包まれる夜


    今度は天の星たちが主役になります
    (写真撮れませんでしたが…)












     
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL