ぎんなん

2016.11.23 Wednesday

0

    JUGEMテーマ:短歌

     ぎんなんの実 

     ぎんなんがポテリ黄色く雪の上 象牙の殻に緑のいのち 
     (ここいろココロの短歌) 
    いつもくりと散歩に行く公園はイチョウの木が何本もありまして
    たくさんの方が秋には銀杏の実を拾いに来るのです
    枯葉かき分け探して探して…
    この中にも銀杏の実が隠れているはず
    夕方の公園プラタナスとイチョウの落ち葉
    でも今日みたいな雪がうっすら積もった朝は
    イチョウの樹の下はどこを歩いても銀杏の実を踏んづけて
    長靴が臭くなるような有様
    おまけに白い雪の上にオレンジがかった黄色の実なので目に付きます
    拾う気もなかったけれど
    あまりに落ちているので
    またくりのウン◎袋が2枚あったので
    ぶよぶよの実を長靴で踏んでしごいて殻になったものを
    ビニール袋越しに拾って20個ぐらい持ち帰りました
    銀杏の黄色い実は素手で触るとかぶれる人がいるので要注意だそうです
    それをザルの上で流水で洗って
    紙袋に入れてあたためでチンします
    そしたら袋の中でポンポンと爆ぜて上の写真のような感じに
    殻が爆ぜていないように見えてもちょっと割れていれば
    簡単に殻を外して食べることができます
    きれい…
    クニっとして
    塩もいらない
    おいしかった!
    イチョウのいのちが詰まったきれいなイチョウの葉っぱ色の核
    くりは元気にしています
    トリミングでおすましのくり
    もう5歳半になりました
    今絶賛ダイエット中です(^_^;)

    グルワールとくりとヘンダーソニー

    2016.06.29 Wednesday

    0

      グルワール・ド・フランスとくり

      散ったグルワールの花びらと

      抜いていない草でなんだか汚いのですが

      グルワールドフランス満開で
      くりも元気です

      札幌は初夏というよりいきなり夏の気温ですが

      カラッと晴れて夜には一気にひんやり
      体がついて行かずに昼間は眠くて
      夕方遅くになってから草を抜いたり
      散歩をしたり・・・

      クレマチス インテグリフォア・ヘンダーソニ

      今の庭はバラが主役

      るる
      ピエール・ド・ロンサール
      グルワール・ド・フランス
      マダム・フィガロ
      モーゼル?
      玄関横のバラたちが咲くのはもう少し先かな?
      そんな中クレマチスのヘンダソニー
      地味めながら涼しげな青がきれい

       

       

       

      ピエール・ド・ロンサール

      2016.06.22 Wednesday

      0

        JUGEMテーマ:短歌

         咲き初みし 

         

         

         

         咲き初みの花弁の紅もはかなげに 薔薇のほどける日暮れの庭よ 

        (ここいろココロの短歌)
        うちのパーゴラのつるバラ
        ピエール・ド・ロンサールがやっと開きだしました
        花びらの外側が緑がかったアイボリーで清々しく
        中側の花びらが上品なピンクです
        パッと咲いたこのバラが
        アーチやパーゴラを埋める賑やかさもいいのですが
        咲き初めの表情が不安げで
        でも決心して咲きはじめたような緊張した感じが好き
        雨の雫をためているとなおのこと美しい

         

         

         

         

         

         

        壁の花

         

         

         

         

        階段の手すりの影になっていた二輪を壁に

         

         

         

        花の大きさの割に茎が細く

        うつむいて咲きます

        ですから上の方に吊るします
        幸せな台所…♡

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        るる

        2016.06.17 Friday

        0

          四季咲きのバラ るる

          札幌はこのところ雨や風で寒い日が続いています

          今日も最高気温が20℃行かない感じ…
          雨ふりです
          しかし札幌もすでにバラ花盛り
          でもうちはまだ早咲きのバラの”るる”だけです
          るるは花びらの中が濃いサーモンピンクで
          裏側がアイボリー
          寒いのがすきなうちのるるは
          雪が降っても花を咲かせますが
          夏の暑さは苦手のようで
          今ぐらいの天気が好みなのかな

          開くとこんな感じ

          ・・

          アセテートのスカートひろげた

          昭和の女の子のような?

          雨のるる(iPhone)

          傘をひろげて長靴はいてレインコート着て

          雨に負けない元気な女の子

          でも日射病には弱いの

          全部に強くなくていいんだからね!


           

          赤詰草

          2016.06.08 Wednesday

          0
            JUGEMテーマ:短歌


            アカツメクサ
             

             
            ぼーぼーの草はらに色やさし気に 赤詰草が灯っているよ
            (ここいろココロの短歌)





            公園に草刈りが入って
            かわいい赤詰草も明日には刈り取られるのかなと思って
            摘んで来てしまいました

             
            細いグラスに挿して窓辺に置いていますが
            赤い色が褪めて見えます

             
            やっぱり太陽が恋しいのかな
            かわいそうなことをしたのかも
            それにしてもこの赤詰草の葉っぱには
            白いV字型の斑がないな…


             
            その後 翌日にではないけれど
            でもやっぱりみんなきれいさっぱり刈り取られていて
            赤詰草はもう終わり
            まだまだこれからが盛りだったのにかわいそう

             

             
            でも刈り取られたあとの公園の原っぱは
            シロツメクサの花が一斉に蕾をもちだして
            雨に濡れて香り高く
            ワンコたちには香りがきつすぎるのではないかというぐらい
            (でも大丈夫らしい)


             
            そしてなぜかそんな花のいい香りより
            ワンコたちには一度干涸びてまた雨に濡れたミミズの香りの方が香しいらしくて
            信じられないことにそれに体(耳の裏)をこすりつけたりするので
            ほんとに大変!

             
            くりには
            「お母さんかミミズかどっちかを選んで!」と
            きつく言い渡していますが
            どうにもミミズには勝てません
            匂いを嗅いでから体をこすりつけるまでの一瞬の間があって
            それでミミズと判断して
            リード引っ張ってやめさせます


             
            あら赤詰草の話だったのに
            くりとミミズの話になっちゃった・・・










             

            スノーボールのおわりのうた

            2016.06.07 Tuesday

            0

              ホスタにスノーボールの花




              スノーボールが散っています
              でも散った花がそのまま地面と下の草に花を咲かせています


              散っても愛らしい








              アジサイのつぼみにスノーボール




              アジサイよりもずっと小さいけど

               
              今は私がお姉さん!








              塀の上にスノーボール




              それにしてもあまりに散って掃除が大変なので
              しっかりしているもの以外は切り落としました
              その作業中もハラハラ(時にバサバサ)散ります


              塀の上にも







              スノーボールのアップ




              ちょっと前までみんなとギュッとしてたけど


              卒業ってことかもね!







              キングサリの花殻切りとスノーボール




              本名ビバーナム・スノーボール(セイヨウテマリカンボク)といいます
              左手の白い花木で
              花付きはアジサイにそっくりですが2mぐらいの花木になります


              さて
               
              キングサリが下の方から花が終わって種が下がって
              これは冬を越えても長ーくしぶとくぶら下がっておりますので
              放っておくとオバケな感じになります
              それで花房を一つ一つ切り落とすのが毎年のお約束
              塀の上に置いてある高枝バサミが私の身長以上の長さなのですが
              私が手をのばして高枝バサミで届くところまで切ってこんな感じ

               
              まだ上の部分は花が残っていて
              マルハナバチが「やめてー!」とブンブン飛び回る中…
              首は痛いし腕は疲れるし…


              こうやって写真で見ると
              なんか・・・ですね〜^^;

               
              脚立に上って高枝バサミで切ろうかなあ
              怖いなあ・・・


              あ スノーボールの話しだったのに
              キングサリのボヤキネタになってしまった・・・まずっ







               

              鈴蘭と華鬘草

              2016.05.30 Monday

              0

                スズラン




                細長い鈍色のかげ手を振った フランス土産のディオリッシモ
                (ここいろココロの短歌)





                庭ですずらんの香りをかいでディオールの香水ディオリッシモを思い出しました
                つられるようにあの頃も思い出したり

                 
                香りって記憶と直結だなと思います









                 ケマンソウ




                華鬘草(鯛釣り草)は幼い頃の思い出
                 
                暗くてジメジメした庭にあった華鬘草
                 
                赤いゆらゆら












                 








                 

                キングサリ(金鎖)

                2016.05.28 Saturday

                0

                  ひと房のキングサリ




                  うちのキングサリが満開になりました



                  藤の高貴な香りとも違う
                  甘いはちみつを思わせるような香りが漂います









                  風と遊ぶキングサリ










                  光にとけるキングサリ










                  見上げるキングサリ




                  3mを超えて4mちかくあるのではないかと思うのですが
                  下の枝の花の先は肩ほどに低くしています


                  花に埋もれるしあわせ…♡















                   

                  白いライラックと薄紫のライラックとたんぽぽの綿毛

                  2016.05.21 Saturday

                  0

                    白いライラック




                    早くライラックをアップしないと
                    藤とキングサリが咲いてきました…汗

                     
                    この白いライラックは花弁がとても大きくて
                    ジャスミンのようです
                    花房も大きくなり過ぎて
                    くずれたおにぎり状態になっていたり…笑

                     
                    しかし白い花びらがゴージャスで毅然として本当に美しい


                     

                     





                    薄紫のライラック


                     
                    こちらはピンク色にも見える
                    薄い紫のライラック

                     
                    こちらは花が小さく房感がしっかりしていて
                    ライラックっぽいです
                    なんて品のいい姿でしょう








                    たんぽぽの綿毛


                     
                    たんぽぽの綿毛

                    夕陽

                    光の道


                     










                     



                     

                    モーヴのライラック

                    2016.05.21 Saturday

                    0
                      JUGEMテーマ:短歌

                      紫のライラック





                      春風に心の房も宙ぶらり モーヴの揺らぎリラの咲くマチ
                      (ここいろココロの短歌)




                      札幌は花盛りの季節を迎えました
                      ライラックはフランス語でリラ
                      札幌はライラックの季節はいつも冷えるのです
                      それを札幌では「リラ冷え」といいます
                       
                      本州で言う花冷えと似ているかもしれませんが
                      この場合の花は桜ですよね
                      札幌はライラックのころに寒の戻りというのかとにかくとても寒くなります

                       
                      でも今年はライラックより先に寒い週があって
                      あれが早すぎたリラ冷えだったのかもしれませんが
                      今の札幌は夏日です^^;

                       
                      あったかくて でも風は涼しくて
                      とても気持ちのいいここ数日ですが
                      私の心はなぜか揺らいでおります


                       
                      春の心は不安定



                       
                      灰色かかったやわらかな紫 = モーヴ
                      揺らぎやすい心の色のようです
                       







                      のぞいてる



                       
                      うちはライラックはないのですが
                      ご近所のライラックで楽しませていただいています

                       
                      大通公園ではライラックまつりが開かれています