こころの色いろいろ


<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


ピエール・ド・ロンサールとか

窓辺のピエール・ド・ロンサール

 

 

 

 

 

 

花瓶の花

 

 

庭のピエール・ド・ロンサール、るる、ルピナスの

折れたのや下に咲いたのをカットして

花瓶に挿しました

 

 

 

ピエールさんは枝が細くて花が重く下向きに咲くので

花瓶に活ける時けっこう苦労します
あんなに垂れ下がっていても折れてないんです
ま、あの子は好きにさせておこう

 

 

 

 

外のピエール・ド・ロンサール

 

 

厚い雲で霧のような雨が降っていたりして暗いけれど

花びら1枚1枚のフリルがきれいに見えます

 

 

 

 

 

 


| 植物とココロ模様 | comments(7) | trackbacks(0) |
ピンクのライラック

ピンクのライラック(ご近所)

「リラ冷え」という言葉があります

北海道以外では使われないとのこと
ライラックの花のフランス語名を「リラ」と言います
札幌でライラックのころに
低気圧で急に気温が下がり雨が降ったりすることを言います
もともとは俳句で用いられた言葉だそうですが
作家の渡辺淳一が札幌を舞台にした小説「リラ冷えの街」を発表したことから
特に札幌あたりで一般的になったのだとのこと
今では俳句の季語になっているそうです
さて、今年も順当にリラ冷えが来まして
北海道の山間部では雪も降りました
札幌もストーブをつけるぐらい冷えました
昨日今日は晴れまして
今日明日は初夏のような気温になります
ふわふわで温かそうなご近所のライラックです

| 植物とココロ模様 | comments(0) | trackbacks(0) |
ギボウシと雨

JUGEMテーマ:短歌

 ホスタ シーボルディアナ”エレガンス” に雨 


 

 雨 恋し 雨も私を恋しかろ 知らないところでころころ遊び 
(ここいろココロの短歌)



 
  

葉先の玉ころ


 

 

ギボウシ(ホスタ)シーボルディアナ”エレガンス”

大きな葉っぱのよくあるギボウシです
 
このギボウシはこの時期だけ
よく水を弾きます

 
他にも4種類ギボウシを植えていますが
うちではこの子だけ特別水が好きみたい

 
毎年この時の雨を楽しみに生まれて来るような
そんな気がしているギボウシです

 
秋の黄葉も見事です




 

 


| 雨とココロ模様 | comments(2) | trackbacks(0) |
庭のさくら

黄金色に浮かぶ桜


 

 

今日のうちの庭の御殿場桜です

背景は夕陽に黄金色に染まった桜です

 
札幌も一重の桜はほとんど散りました
 

この桜は遅咲き



 


 

すずやかに


 

連休で留守にしている間に葉桜になってしまうかと思っていましたが

私を待っていてくれました

 
流石にほとんどの花は受粉していますが
日陰の若い花を撮りました







| 植物とココロ模様 | comments(0) | trackbacks(0) |
早春

ふきのとう(4/5)


 

 

最近iPhoneでしか写真を撮っていません

 

札幌は今年は根雪は早かったものの雪が少なかったのですが
いつまでも寒くて
明日も雨 夜に雪が降る予報です

 
ちょうど1週間前の日曜日も
朝起きたら雪が積もっていました




 
雪の朝(4/8)

 
くりはこう見えて楽しそうでした




 

 

苔の上放射状の影(4/12)








 


| 植物とココロ模様 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/128 | >>